Web会議・教育システム

Web教室

双方向オンラインセミナーを開催するためには、ソフトのインストールや高画質なWebカメラやマイクなどを準備する初期投資が必要ですが、弊社のレンタル教室には、必要な機材が全てそろっています。

自宅から遠隔会議システムに参加することも、弊社の防音室から発信することも可能です。

ライブネット授業システム

 

 

1.先生

先生のライブ映像が映し出されます。
先生の静止画やホワイトボードだけが映し出される映像教材の学習塾もありますが、受ける側は味気なく途中で飽きてしまいます。このライブネット授業は、授業中は常に先生と生徒は一緒に学習している一体感があります。
 

2.ホワイトボード

あらかじめ準備されたスライドを映し出します。
スライドショーの教材を先生が授業前にアップします。
授業中は先生と生徒が同時に書き込みできます。先生からの質問には、生徒は投票ボタン、またはホワイトボードへの書き込みで答えます。
 

3.チャット

授業中、分からないことがあると、チャットで質問ができます。
対面教室で手を上げて質問をすると、『他者の視線を感じるのでストレスになる』という意見もあります。その点、ネット教室では個人が特定されることはありません。分からない箇所はその場で解決することで学習効果が上がります。
 

4.投票ボタン

先生からの選択肢問題に答えるときは投票ボタンを押します。問題は、20択まで選択肢を作ることができます。
生徒の正答は先生のパソコンに蓄積されるので、各個人の学習の理解度や進捗状況などが瞬時に把握できます。
 

5.発言要求ボタン

マイクを使って質問ができます。
生徒が発言を要求すると先生の許可によって発言ができるようになります。自分の声がみんなに聞こえるのはちょっと…と思われる生徒は、チャットを使って質問ができます。
 

ライブネット授業 動作環境

パソコン

OS Windows 8.1,Windows 10
CPU デュアルコア以上
メモリ

4GB以上

Webブラウザ Internet Explorer 10~11(ソフトのインストールに使用)
Google Chrome(授業を受けるときに使用)
ネット環境 ADSL,光回線,WiMAX,LTE,3G回線
有線LANケーブル接続推奨

※デスクトップ型のパソコンで受講される場合は、ヘッドセットが必要です。
 

iPad

OS iOS 8以降
対応機種 iPad(第3世代~)
iPad mini(第1世代~)
推奨機種

iPad(第4世代/Retinaモデル)
iPad Air以降
iPad mini(第2世代/Retinaモデル以降)


 

iPhone / iPod

OS iOS 8以降
CPU iPhone 5以降
iPod touch(第5世代~)
対応機種

iPhone 5C
iPhone 5S以降


 

Android

OS Android 4.1.2 以上
CPU 4コア以上
解像度 1280×800px以上