03_20200804081014918.jpg 01_20200804081014812.jpg 02_20200804081014188.jpg 04_20200804081919389.jpg 13_20200804081014457.jpg
 
弊社は、看護学生を対象とした看護師国家試験対策のネット予備校や中学生を対象としたネット塾を運営しています。受講生は全国に在籍し、どこからでも授業に出席しています。『ネット販売はトラブルが多い』と耳にすることがある通販サイトですが、ユーザー様から信頼をいただき、 2001年に創立し、今日に至っています。
弊社の誕生当時は、オンライン授業?ICT?と疑問を持たれる方も多く、『ライブの講義をインターネット配信する』ことを説明しても、誰も興味を示す人がいませんでした。専門学校や大学に説明のために訪問しても、何日もかけて作成したリーフレットが部屋を退室するドアが閉まる前にゴミ箱に捨てられた経験を何度もしましたが、現在は社会のIT化に向け進んでいるのが現実です。
 
新型コロナ感染症に端を発した感染症予防の最も効果的対策が、『人と人との接触を避けることが唯一』であることは、ここ100年の歴史を見ても普遍の事実です。
このような社会環境の中で、オンライン事業に特化して20年間で得た知識と技術が社会に貢献できるのであれば、と思い『IT化支援サービス=非接触型ビジネスモデル構築支援サービス』の提供を開始しました。
代表 小山忠司

セミナー・新着情報

[%article_date_notime_dot%] [%new:New%]

[%title%]

オンライン化が売り上げに反映しない理由!!

お客様が商品を購入されるまでには、下記のような心理過程があります。何気ない行動ですが、購入までには、いろいろなWeb技術が使用されています。
 

 

①は必要性がなければ物は売れません。メルマガやLINEで購入意欲を高めます。②は商品やお店の信頼にはWebサイトが効果的ですが、ブログや情報の更新がなければ逆効果です。③④はWebセミナーなどのオンライン営業が効果的ですが、これだけでは成果につながりません。⓹・⑥はショッピングサイトの割賦払いやクレジット決済など、購入のハードルを下げるツールとして非常に役立ちます。
 
このように目的をはっきりしなければ、高額なホームページを導入しても物が売れず、業者に騙されたという結果に終わります。
 
では、新鮮なオーガニック野菜を探すお母さんと農家Aさんとの出会いを例に考えてみましょう。

①現在の生活に不安を感じる。

オーガニックは体にいいけど高め。近くのお店にないからお取り寄せしたいお母さん。

 

 
日頃のSNSやLINE配信は、オーガニック野菜が欲しい顧客への訴求効果を高めます。
 
 

生活に不自由や不安を感じなければ、購買意欲は高まりません。今まで何気なく見ていたメルマガやLINEの情報ですが、何かを購入しようとするときには、大切な情報です。「メルマガやLINEは配信してもお客さんの反応が低い」と嘆かず、コツコツと配信することが大切です。

②商品を探す。

無農薬や作っている地域や人が気になるお母さん。ネットで情報を探すことにしました。
 

 

 
過剰な表現は必要ありません。正確な情報発信で信用を頂けます。
 
 

お客様はホームページから正確な情報を探しています。誇張した内容や写真を入れる必要もありません。
また、地域の特性や生産者のこだわりが書かれたホームページは、お客様からも信用をいただけ、サイト内の滞在時間が長くなります。

③商品に出会う。

氾濫している情報の中からAさんの野菜へのこだわりや想いが気になったお母さん。

 
 
検索キーワードはお客様との出会いに大きく影響します。
 
農家Aさんが丹精込めて野菜を作っても、ホームページを持っていなければ、オーガニック野菜を探しているお母さんと出会うことはできません。 また、検索キーワードの中に、『オーガニック』『減農薬』『無農薬』を入力していると、お客様が探される時に見つけていただけるサイトになります。

④他社と比較する。

更に少しでも安くていいものを買うためにホームページを比較して、お得情報を探す。

 
 
こだわりや安全性など、優位性を強調したお客様目線のホームページが喜ばれます。
 
商品を比較する際には、金額や商品名以外にも、安全性や信頼を得るサイトが大切です。対面型の販売とは異なりますので、お客様が信用できる要素や根拠が大切です。ホームページの作成は難しいことを必要ありません。今まで、対面でお客様に紹介していた内容をWeb化するだけです。

⓹購入の条件を検討する。

代引きはお金の準備が面倒だから、キャッシュレスが条件。でも安心して買えるか心配。

 

 
ショッピングサイトはセキュリティに守られ、お客様の入力も簡単です。
 

ショッピングサイトを導入すると月額利用料金が発生しますが、このサイトのおかげで、必要事項を入力するだけでお客様にお手軽に購入していただけます。店主は商品開発に専念できます。また、個人情報の管理は自社管理ではないので、個人情報の漏洩もなく、安心安全です。

⑥商品を購入する。

いよいよ購入手続き。すぐに朝どれ野菜を送ると返答。早速メニューを考えるお母さん。

 

 
お客様のニーズに応えるために、速い対応が必要です。
 

ショッピングサイトは、お客様の住所の入力も紐づけされているので、発送の際の住所の転記ミスなどのトラブルが発生することはありません。また、顧客管理ができるので、お客様にとってお得情報を定期的にメルマガやLINEで配信できます。

⑦商品を評価する。

開封するとAさんの写真・育て方やレシピがあり、味にも子どもたちがとても満足!!

 

 
定期購入や別の商品購入に繋がります。ママ友やSNSの拡散で、信頼が増します。
 

顧客満足度は、次回の購入、口コミ情報などにつながります。ただし、野菜が傷んでいた、包装がずさんだった場合もSNSの拡散で大打撃になる場合もあります。普通にコツコツとしている毎日の情報がお客様にとっては、常に探している情報でもあります。

購入までの一連の流れを分析すると

購入に至るまでの過程を分析し、どこをどのように改善・改良するかで売り上げは大きく変わってきます。
根拠のないマーケティングでは、売り上げを伸ばすことは非常に難しいです。
 
現状のビジネスモデルから脱却・革命を起こしたいと思われた場合は、どうぞお気軽にお問い合わせください。成功への第一歩は行動することです。